スペルチェッカー

Weblio 翻訳 英語翻訳

スペルチェッカー



スペルチェッカーは、単語の綴り間違いなどを発見し、正しい綴りの語を候補として提示する機能を中心とするツールです。「校正・辞書ツール」などとも呼ばれます。ワープロソフトなどに付属している場合が多く、文書作成時の手軽な校正支援ツールとして使えます。

一般的なスペルチェッカーは、単語の綴り間違いの可能性がある語や、大文字・小文字が不適切と疑われる語などを検出して指摘します。誤りでない場合(敢えてそのような表記を採用している等の場合)は指摘をスキップすれば済みます。実験的な文体の文章や詩などの場合は、指摘箇所をスキップする手間がわずらわしいかもしれませんが、一般的な文体で文章を作成する場合には重宝することが多いでしょう。



翻訳ガイド

Weblio翻訳について

Weblio翻訳の使い方

機械翻訳とは

機械翻訳を使いこなすコツ

翻訳者の仕事

翻訳者になるには

翻訳を進めるツール

Weblio英語翻訳に関する、あなたのご意見をお聞かせください

▼ご意見の種類

  • 翻訳結果について
  • 音声再生について
  • 新機能のリクエスト
  • その他

※種類を選択しなくても送信できます

▼ご意見の内容



Weblio英語翻訳とは

Weblio英語翻訳の主な特徴

入力された英語や日本語の文章を、機械的に翻訳する機能です。

入力するテキストは、英語でも日本語でもどちらでも対応可能です。

英語の文章を入力した場合は、その翻訳結果として日本語訳が出力されます。

日本語の文章を入力した場合は、その翻訳結果として英語訳が出力されます。

Weblio英語翻訳はこんな時に便利

  • メールを英語で書きたいけど、英語へ、うまく訳せない時
  • 英語の海外サイトを見ていて、全体の要約や概要を知りたい時
  • 聞いたことがある英語のフレーズの意味を知りたい時
  • 英語の論文を逐語訳する場合の、翻訳作業の下準備として

上記のような場合に、Weblio英語翻訳は、手軽に翻訳結果を調べることができます。

翻訳ガイド

Weblio翻訳について

Weblio翻訳の使い方

機械翻訳とは

機械翻訳を使いこなすコツ

翻訳者の仕事

翻訳者になるには

翻訳を進めるツール

公式アプリ

翻訳に関連した動画

英語翻訳に関連した動画

専門用語翻訳に関連した動画

翻訳全般に関連した動画

自動翻訳・無料翻訳に関連した動画




©2017 Weblio