受身文と能動文を入れ替えてみる

Weblio 翻訳 英語翻訳

受身文と能動文を入れ替えてみる



受動態を使用した文章(受身文)は、能動態に比べて文章が複雑になりがちです。特に日本語の「れる」「られる」は、「尊敬」「可能」「自発」も意味し、意味が一意に定まりにくい性質があります。

例えば、「先生はこれを食べられません」という文章では、尊敬と可能のどちらとも解釈できてしまいます。

受身文は、主客を交換して能動文に言い換えることで、意味を損なわずに翻訳できる場合があります。

また、可能の意味の「られる」を受身と誤訳させないためには、「~できない」などに言い換えるという手もあります。



翻訳ガイド

Weblio翻訳について

Weblio翻訳の使い方

機械翻訳とは

機械翻訳を使いこなすコツ

翻訳者の仕事

翻訳者になるには

翻訳を進めるツール

Weblio英語翻訳に関する、あなたのご意見をお聞かせください

▼ご意見の種類

  • 翻訳結果について
  • 音声再生について
  • 新機能のリクエスト
  • その他

※種類を選択しなくても送信できます

▼ご意見の内容



Weblio英語翻訳とは

Weblio英語翻訳の主な特徴

入力された英語や日本語の文章を、機械的に翻訳する機能です。

入力するテキストは、英語でも日本語でもどちらでも対応可能です。

英語の文章を入力した場合は、その翻訳結果として日本語訳が出力されます。

日本語の文章を入力した場合は、その翻訳結果として英語訳が出力されます。

Weblio英語翻訳はこんな時に便利

  • メールを英語で書きたいけど、英語へ、うまく訳せない時
  • 英語の海外サイトを見ていて、全体の要約や概要を知りたい時
  • 聞いたことがある英語のフレーズの意味を知りたい時
  • 英語の論文を逐語訳する場合の、翻訳作業の下準備として

上記のような場合に、Weblio英語翻訳は、手軽に翻訳結果を調べることができます。

翻訳ガイド

Weblio翻訳について

Weblio翻訳の使い方

機械翻訳とは

機械翻訳を使いこなすコツ

翻訳者の仕事

翻訳者になるには

翻訳を進めるツール

公式アプリ

翻訳に関連した動画

英語翻訳に関連した動画

専門用語翻訳に関連した動画

翻訳全般に関連した動画

自動翻訳・無料翻訳に関連した動画




©2017 Weblio